徹底解決お悩み解決例

相続税って誰がいくら払うの?
納税資金はあるのだろうか・・・
【方法1】

自宅、土地、借家、駐車場、預貯金、借金などの相続財産と相続人を確認し相続税額を算出します。

【方法2】

母が父より先になくなると、相続税の納税額が約2倍になることがわかった。

【方法3】

不動産用の財産目録を作成し、所有不動産を整理することで、わかりやすくした。

財産を孫たちに賢く譲るには
どうしたらいい?

具体的な解決策をCheck!

【方法1】

孫に通帳を作ってもらい、数百万円を非課税で毎年贈与 相続で財産を孫が受け取ることがなければ、亡くなる3 年いないの贈与財産が相続財産に含まれない。

【方法2】

高収益で評価の低い貸倉庫を相続時精算課税制度を利用 して孫に贈与する。

【方法3】

長男が家業を継ぐ事情があるので、遺言書を作成

トラブルにならないように
相続がしたい!!

具体的な解決策をCheck!

【方法1】

現時点での時価評価と相続税額を算出することで誰がどの財産を引き継ぐのが望ましいか家族会議

【方法2】

所有不動産に権利上や関係法上の問題が無いか調査

【方法3】

計算すると相続税より贈与税の方が低い場合、贈与税を 払ってしまって孫に不動産を贈与。

息子も娘も県外!
家はこの先どうなる!?

具体的な解決策をCheck!

【方法1】

将来、資産価値が下がりそうなので、売却し、資産価値 が下がりにくそうな場所へ住替えする。

【方法2】

高齢のため売却で得た資金を利用し、施設へ入居。

この土地にアパートを建てるのが
最適な方法ですか?

具体的な解決策をCheck!

【方法1】

不動産コンサルティングマスターに相談、収益性や 稼働率などを再検証し、アパートではなくマンション の建設に変更。

【方法2】

相続税納税資金が無いため、不動産価格の下落を予測 した結果、売却し現金化。

【方法3】

事務所倉庫として利用する企業に、期間20年の事業用 定期借地権契約をして土地を賃貸にした。

田んぼと畑は
誰が引き継ぐ!?

具体的な解決策をCheck!

【方法1】

市街化調整区域の田んぼなので、農業資格のある近所 の人に売却した。

【方法2】

1000㎡以上の田んぼなので、売却後の譲渡税が優遇 される買主に売却。

【方法3】

事務所として利用を希望する企業に 期間30年の事業用定期租借地契約を結び土地を賃貸。

徹底解決こんなお悩みの方はいませんか?

お電話で無料相談されたい方はこちらです

受付時間:平日9:00~18:00

当然のことですが、弊社では個人情報の取り扱いに細心の注意を払っています。
あなたから寄せられたお悩み、情報等は一切公表されることはありません。
秘密厳守をお約束します。

メールはこちらからどうぞ

お名前※必須
フリガナ※必須
会社名(法人の場合)
部署名(法人の場合)
郵便番号
ご住所
TEL※必須
FAX
メールアドレス※必須
内容※必須