事前に準備を!家の売却で必要になる書類について

マイホームを手放すとき、様々な準備や経験のない手続きなどで不安に感じたり中々うまく進められないことがあるでしょう。一般的には媒介業者を挟んで売却のサポートをしてもらいますが、その際にも売却に関しての書類は必要になります。
ここでは、家の売却に関しての必要書類について、どのような書類があるのか、書類を紛失した場合にはどのような対処があるのかご紹介していきます。
家の売却を検討されている方は、是非参考して下さい。

 

家の売却に関する書類はこんなに種類がある

 

家の売却に関して、事前に用意できるものも含めて以下のような書類があります。
家の売却を進める場合には事前に用意できるものは用意しておくと良いでしょう。

 

  • 登記簿謄本(土地&建物)
  • 購入時の売買契約書
  • 重要事項説明書
  • 土地の測量図
  • 家の図面や仕様書
  • 固定資産税納税通知書

 

それぞれ見ていきましょう。

 

・登記簿謄本
登記簿謄本とは不動産関連の重要事項説明書などを作成するときに必ず必要になるもので、土地や建物の情報や今までの記録などが記載されており、現在どのような状況になっているかなど確認することが出来る書類です。この書類が無ければ土地や建物の売買は出来ません。
この登記簿謄本は所有者ではなくても取得出来るため、比較的用意しやすい書類です。

 

・購入時の売買契約書
売却する予定の住宅を購入した際に交わした売買契約書です。
今回売却する際にも売買契約書が必要ですが、購入した際の売買契約書も用意が必要となります。

 

・重要事項説明書
不動産売買の取引をする際に必要な書類となります。
こちらは宅地建物取引業法にて、不動産業者に重要事項を説明することを義務付けしているものです。

 

・土地の測量図
家の売却には土地の売却も含まれるケースが殆どです。
そのため、土地の測量図が必要となります。特に、境界線がはっきりしていない物件などは土地測量図にて土地境界画定測量された

 

・家の図面や仕様書
売却する家の図面は用意しておきましょう。
家の図面の他、家でオプションとして付けていた太陽光発電や床暖房、その他の設備がある場合には、それらが分かるような仕様書などがあると良いでしょう。
その他、リフォームしている場合にもプラスの情報となるため、家の売却時には情報を全て用意しておくと良いでしょう。

 

・固定資産税納税通知書
家の売却を行う際に、固定資産税と都市計画税に関しては、通常課税された日に家の所有者が支払うものですが、一般的には日割り計算で売り主と買い主で負担し合うことが多く、その計算方法に使われるために固定資産税の納税通知書を用意しておくと良いでしょう。
しかし、これは法律で決まっている者ではなく、一般的に多いケースとしてのご紹介となるため、買い主に負担を強制するものではありません。

また、一般的には売買契約の際には以下の準備が必要です。

 

  • 身分証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 銀行口座がわかるもの
  • ローン残高証明書(ローン返済予定表

 

これらの準備をしておくことで、家の売却時にはゆとりをもって行動することが出来るでしょう。
売却を考えたときから是非準備しておきましょう。

 

書類を紛失した場合には?

 

家の売却に関して、書類を無くしてしまった場合にはどのような対処が必要でしょうか?
そんな時は慌てずに一つずつ解決していきましょう。

 

・登記簿謄本を無くしてしまった場合

登記簿謄本は再発行してくれますので、慌てずに再発行してもらいましょう。

 

・売買契約書を無くしてしまった場合

売買契約書は売主・仲介業者に署名捺印してもらえれば再発行することが出来ます。
まずは購入した不動産会社に連絡をして再発行の手続きを行いましょう。

 

まとめ

 

ここまで、家の売却について、必要な書類や書類が紛失してしまった場合の対処法についてご紹介してきました。
家の売却には様々な書類が必要となりますが、売却を考えたときから集められる書類が多いため、しまった場所を忘れることが無いように一つの場所に置いておくと良いでしょう。
家の売却を検討されている方は、是非参考にして下さい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL