知っておこう!家の売却かかる費用の種類について

マイホームを売りたいと考えたとき、年数や場所によって金額の査定は変わるため、自分の土地や家が高く売れるのかなど心配される方も少なくないでしょう。また、売却を進める中で、自分たちが用意しなければいけないものや、逆にお金が掛かるものはどういったものなのか、わからず不安になる方もいると思います。
ここでは、家の売却に関わる費用について、種類や金額などを細かくご紹介していきます。
家の売却を進めようと思っている方は、是非参考にしていただき、売却時の費用を念頭に入れて準備をすると良いでしょう。

 

家の売却に関する費用はこんなに種類がある

 

家の売却を進めるうえで、必要となる費用にはどのような種類があるのでしょうか。ここでは、家の売却に関する費用の種類についてご紹介していきます。

まず、家の売却を進めるうえで必要となる費用については、一般的には以下のような内容になります。

 

  • 印紙税
  • 仲介手数料
  • 抵当権抹消登記費用
  • 住宅ローンの返済
  • 事務手数料
  • 譲渡益課税

 

ここからは、細かく見ていきましょう。

 

・印紙税
印紙税とは、印紙税法という日本の法律によって定められた「課税文書」に対して課税されるもので、家の売却に関して言えば、売買契約書がそれに当たります。印紙税の金額は課税対象金額の大きさによっても異なりますが、5,000万円以下のものについては、1万円となっています。

 

・仲介手数料
家の売却に不動産会社を利用する際には仲介手数料が必要となります。
仲介手数料は、不動産会社を通して売買契約をした際に、売買が成立した時点で不動産会社に支払うもので、金額としては、売買価格に3.24%を掛けた金額に6万4千8百円を足したものが仲介手数料となります。

 

・抵当権抹消登記費用
抵当権というのは、家の売却時に融資を受けたときなど、その土地を担保として金融機関が抑えているもので、その抵当権がある場合には末梢登録をする必要があります。
末梢登録の費用としては、千円ほどとなっていますが、司法書士などにお任せする場合が多く、その場合には相場として大体1万円ほどと言われています。

 

・住宅ローンの返済
住宅ローンが残っている場合には、住宅ローンの返済が売却時に必要となります。
差額が出て、ローンの方が多い場合には、その分を支払うことが必要となりますが、売却方法については「一般売却」「任意売却」「競売」と3つの方法がありますが、その中でも任意売却にすれば、残ったローンがあったとしても、差額分については一括ではなく分割で対応してくれる場合もあります。

 

・事務手数料
事務手数料については、家の購入をした際にローンを組んだ場合、その残ったローンを繰り上げ返済するために必要な手数料となります。一般的には3千円から5千円程度ですが、固定期間選択型ローンの場合には、3万円から5万円程度かかる場合があります。
まずは、自分のローンを確認しておくと良いでしょう。

 

・譲渡益課税
こちらは、家の売却を行った際に家の売却により得た利益に対して掛かる税金で、課税対象額は計算方法の元、給料などの所得とは別に計算されます。このほか、家の売却で利益が出た場合には所得税も掛かりますので、一般的には確定申告を行い、税金を安く抑えるという事を行っています。

 

仲介手数料って必要?

仲介手数料は、不動産会社に支払う手数料となりますが、一般的には不動産を通して売却を進めるため、支払いが必要となりますが、自分自身で売却を進められる場合には必要ありませんが、売却には資格が必要となるため、資格をお持ちでない方については、不動産会社に依頼し、仲介手数料を支払うことが一般的と言えます。

 

まとめ

ここまで、家の売却に関する費用について、種類や金額などをご紹介してきました。
また、媒介業者を利用する際には仲介手数料が掛かりますが、その仲介手数料についてもご紹介してきました。
家の売却には様々な費用が掛かるケースがありますので、今回の記事を参考に、家の売却について準備を進めていただければと思います。
家は大きな財産です。是非、出来るだけ有利な条件で売却を進められるようにしてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL