売却前に確認!家の売却に関する基礎知識

子供の成長に伴い新しい住宅を購入する場合や、家族が増えてもっと広い土地に引っ越す方、定年を機に老後との事を考えてマンションに移る方など、家を手放すことになった場合、どのような流れで売却をすればよいのでしょうか。ここでは、家の売却の流れや相場、注意点などをまとめていますので、売却前に是非参考にしてください。

 

家の売却の流れ

 

 

家の売却をする場合には、以下のような流れがあります。

 

  1. 家の相場を知る
  2. 売却業者に査定を依頼
  3. 売却業者と契約
  4. 価格を決めて売り出す
  5. 購入希望者と交渉
  6. 物件情報を開示
  7. 売買契約を結ぶ
  8. 住宅を引き渡す

 

それぞれ細かく見ていきましょう。

 

1.家の相場を知る

初めに行うこととして、家の相場を知るという事が必要です。自分の希望価格で全ての物件が販売できるわけではありませんので、周辺物件の相場を確認するなど、どれくらいの値段で売却できるのかめどを立てておくことが必要です。

2.売却業者に査定を依頼

売却の仲介をしてくれる業者を探し、まずは査定を依頼します。
プロの目で査定をしてもらうことで売却の価格の目安を立てることが出来るため、複数社に頼むと良いでしょう。

3.売却業者と契約

売却の仲介をしてもらう業者を決めたら、その業者と媒介契約を結びます。
高く査定してくれた業者を選択するというよりは信頼のおける業者を選択すると良いでしょう。

4.価格を決めて売り出す

売り出す価格については希望価格ではなく、希望価格と業者が出した査定価格、周辺の住宅の価格などを見て決めると良いでしょう。この価格は売却に大きく関係してきますので、慎重に決めるようにしましょう。

5.購入希望者と交渉

購入したいという希望者が現れたら売却条件の交渉を行います。価格や時期、その他の条件などを確認し、折り合いがつくように交渉を進めましょう。

6.物件情報を開示

契約後のトラブルを防ぐため、出来るだけ細かく物件情報を開示しましょう。「これは聞いていない」とならないように、お互い気持ちよく売買が出来るように進めましょう。

7.売買契約を結ぶ

購入希望者と条件の部分で折り合いが付いたら、売買契約を結びましょう。一般的には、この時に手付金を受け取ることになります。

8.住宅を引き渡す

売買契約が終わり、手付金を受け取ったら、登記申請を行い売買代金の受領を行いましょう。
購入者と再度現地で立ち会いにて十分確認しておきましょう。

 

家の売却の流れはこのような流れで行うことが一般的です。

 

相場について

家の売却に置いて、相場を知ることが初めに必要だということを記載してきましたが、相場はどのように調べれば良いのでしょうか?
国土交通省が出している不動産取引価格の情報検索サイトでは、全国での不動産取引価格の情報をまとめており、参考にすることが出来ます。

不動産取引価格情報検索:http://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet

また、そのほかのサイトでも無料で土地の情報や住宅の取引価格を公表しているところもありますので、そのようなサイトを確認すると良いでしょう。

 

家の売却に関する注意点

 

家の売却を進めるうえで注意していただきたい点としては、売却を仲介してくれる不動産会社を決める際には1社だけで決めないことです。売買する上での査定額や担当者など1社だけを見て決めてしまった場合に後悔する可能性があるため、複数社の会社に依頼をし、その中で価格や担当者との相性などを確認して進めることが必要です。
また、相続や税金の問題が絡んでいるような物件の場合には、売却時にはお金が入ってきても後々税金の部分などで損をしてしまう可能性があるため、そのような物件の場合にはトラブルにならないように注意が必要です。

 

まとめ

 

ここまで、家の売却に関して流れや相場、注意点などをご紹介してきました。
流れや相場を理解しておくことで、家の売却をスムーズに進めることが出来るでしょう。
家の売却を進めようと思っている方は、是非参考にしていただき、後悔しない家の売却を進めてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL